Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2005

矢谷左知子 草の布展 Sachiko Yatani
2005/4/5(火)〜4/13(水)


伊豆の山に入り、野生の苧麻や葛を刈り取り、糸を作り、草木で染め、織り上げます。野生の草の持つ、清冽な精神性のようなものを感じつつ、それを大切にしながら布つくりを続けています。自然の恵みへの深い愛情と感謝の気持ちが織り込まれた作品は、洗練されたしなやかさを放ち、心が解きほぐされていく不思議な力で多くの人の心に響いています。

「炎天下汗だくの草の採取、皮むきや発酵などの作業工程の中で得られる、他の生命体(植物、虫)との共振の感覚が草の布作りの原動力になっている。」と語りますが、素材確保は、年々困難になり、しかも糸作りにかなりの時間と手間がかかるため、作品の数には限りがあります。

今回の個展では、暮らしの中で使えるテーブルまわりの布、草の袋や草のアクセサリーの他、タブロー的な作品(壁を飾るものとしての性格を強めたもの)などで構成されます。色合は、苧麻の生命力を感じる草色やあめ色、絹のような艶やかな葛の生成など、草の色を生かしたナチュラルな色彩、藍の生葉で染めた爽やかなライトブルーなどを用いた鮮やかな作品の2系統になります。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.