Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2005

中野幹子 展 “siro + kuro + suki +” Mikiko Nakano
2005/5/28(土)〜6/4(土)

“かっぱ”たちが`かごめかごめ'で遊ぶおとぎ話のような様子が描かれ、和の風合いが織り込まれた小さなぐい呑、格子に仕切ったそれぞれに不思議な絵柄や文字が細かく丁寧に描かれた一輪挿しなど、ユニークな妖怪や精霊たちをテーマにしたり、銅板画の流れを組む不思議な抽象画を描いたり。彼女は、詩情あふれる独自の小宇宙を創り出しています。

小さい頃から絵を描くのが好きだった作家は、芸術高校油絵科を卒業後、銅板画を学ぶためイタリアへ。イタリア滞在中、ガラスに興味を抱き、銅板画の学校で学びながら,ステンドグラスの工房にも通い、そしてやがて、「b.d.p」 (blowing, drawing, painting)の作品が誕生しました。自分で吹いて成型したガラスに細い線で彫りこんでエナメルで絵付けする方法「b.d.p」、しかし、吹く前に絵付けしその後それを吹いて成型することもしています。

ガラスの場合、絵が平面で終わるのではなく、膨らんだり縮んだりして形を変える、ガラスの特性と彼女の独特な絵の感性とで絶妙なハーモニーを奏でています。

今回は、モノトーンを基調に、ところどころ彩色を効かせた作品を発表いたします。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.