Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2008

久保裕子 ガラス展 Yuko Kubo
2008/5/10(土)〜5/17(土)



小さな池の中で大小さまざまな金魚が水草や小石の間を気持ちよさそうに泳いでいる、そんな様子をガラスの塊の中に展開したペーパーウェイト。まるで本物かと思ってしまうほど、魚たちの生き生きとした動きや水草のゆらぎ、水面のさざなみが、表現されています。光が差し込むとみなもに反射するかのようにきらきらと輝き、見入ってしまいます。

大学でデザインを、富山のガラス造形研究所でガラスを学んだ作家は、子供の頃から好きだったという自然のモティーフをテーマにし、四季を情感豊かに表現した作品を制作しています。

今回は、水の中だけでなく、空を飛ぶ生き物たち、ツバメやトンボ、蝶も仲間に加わり、作家の代名詞ともなっているペーパーウェイト、さらには、蓋を開けると別の世界が広がるといったような、蓋ものにも挑戦します。また、サンドブラストや色ガラスを使ったグラスや鉢、花器などの器もご紹介します。

忙しさに追われ、自然の移ろいを折々に感じることがままならぬ日々でも、傍らに置いたガラスの作品を眺めていると、気持ちが大きく膨らんで、やさしく和やかな空気に包まれていきます。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.