Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2008

トーマス・ギーゼン ジュエリー展 THOMAS GIESEN Jewelry Exhibition
2008/9/26(金)〜10/6(土)



「伝統的な形にとらわれることなく、常に新しいフォルムを追求しながら制作しています。身につけていただく方を美しく飾り、シンプルでありながら、小さなサプライズを持ったデザインを心掛けています。」と語る作家は、金属のシャープなラインとパールやジェムストーンのやわらかな質感を巧みに合わせた“コントラスト"を際立たせたデザイン性の高い作品が特徴です。
人の横顔を回転させたモティーフのその人だけのリング“CONTURA”や、5つの輪がスライドすることでいくつものデザインを楽しめるチョーカーなど遊び心のあるデザインから、卓越したパール使いのスタイリッシュな作品まで、いくつもの引き出しから出てきたような幅広いバリエーションにはいつも驚かされます。

10代からジュエリーアーティストを目指し、金細工師(ゴールドスミスマイスター)、宝石鑑定士、ダイヤモンド鑑定士としてきわめて高度な教育を受けました。その技術と経験が物語る丁寧な仕事と斬新なデザインが並ぶ作品展では、毎回数多くの多彩な新作を発表し、我々を楽しませてくれます。

今回は、カラフルなチェーンやブレスレットをはじめ、黒くロジウム加工した金属とパールを組み合わせた大胆なデザインなど、作家の得意とする、辛口で斬新なパール使いの作品などをご紹介いたします。



Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.