Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2009

Avril 鳥居節子 展 Autumn-Winter Knit Collection Setsuko Torii
2009/11/4(水)〜11/11(水)



和紙の糸を絣染めにしたり、ステンレスの細い糸に絹の糸をカバーリングしたり、紬糸をはしご状のテープにしたりと、様々な素材の糸を、多彩な組み合わせや技法によって、バリエーション豊かな糸に仕上げ、素材の持ち味を生かしたスタイリッシュなセーターやカーディガンなどのニット作品を作り出しています。

1992年にアヴリルを設立、以来、素材の開発や作品制作などニットの可能性を大きく広げ、ニット業界に大きな影響を与えてきました。様々な書籍の出版、毎年のコレクションの発表など、多岐にわたる活動を続けています。

グラデーションを生かした微妙な色使い、さり気なく凝った作りのおしゃれなその作品は、多くの方々からの熱い支持を受けています。

今回は、色と素材を変えた袖や裾がカジュアルで開放的な雰囲気を作るセーターやパンツ、ウールとコットンを引き揃えて編みフエルト化したコートやジャケット(ウールは縮み編み目がつまり、コットンは縮まないので余った分が浮き上がり表面がデコボコして面白くなります。)、カラーパレットのようなカシミアショール、さらには、1点づつ洗いを掛けて仕上げたリバーシブルのハーフリバーのカットソー(片面を1目おきに針を抜き粗く編んでいるもののことです。粗く編んだ方はもう一方の色が透けて深い色合いになり、軽く仕上がります。)など、楽しいサプライズが潜む新作をご紹介いたします。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.