Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2011

田中啓一 陶展“Passage” Keiichi Tanaka
2011/8/31(水)〜9/7(水)



古い金属の道具のような質感を持つ花器、
ドローイングのように、さり気なく象嵌により施されたラインが利いた花器など。
いつの頃からか其処にあるような、時の蓄積を感じる…、
そんな不思議な空気感を持つ作品を制作しています。

大学で陶芸を学び、2009年から1年間は、パリにて制作する機会に恵まれました。
何百年も前の建物が数多く存在し、現在でも当たり前のようにそこで生活している、
そこかしこに時の記憶が綴られた、汪洋な奥行き感の世界。
元々時間の経過を漂わせるものが好きだった作家に、大きな影響を与えたのでした。

今回は、モノトーンの中に赤や黄色をアクセントに使った陶筥や、
古道具のような質感を持つ花器をはじめ、
片口やカップなどの作品をご紹介します。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.