Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2011

津田清和のフタモノ展 Kiyokazu Tsuda
2011/9/10(土)〜9/17(土)



夕映えのような美しい輝きを放つ“錆銀黒”
深い陰影を持つ豊かな質感の“碧”や“青銅”など、
金属とガラスを組み合わせたシリーズ。
金工の繊細な鎚目を彷彿させるカットガラス。
同じくカットによる細い縞とフロストを組み合わせた“線文”シリーズなど。

作家は、独自のアプローチによって無機質なガラスに多彩な表情を作り出しています。
緊張感あるストイックなプロポーションはそれをいっそう際立たせ、
作品は静謐な空気感を孕んでいます。

今展では、様々な表情を持つガラスのフタモノを中心に発表します。
また、「櫻屋」加藤良行氏制作の木の蓋を合わせたキャニスターも並びます。
加えて、そんな表情を纏ったぐい呑や片口、グラスなどの
人気の高い器もご紹介致します。
是非、お出掛け下さい。




Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.