Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2011

摂津広紀 漆芸展 Settsu Hiroki
2011/12/6(火)〜12/12(月)



その素材がすぐには判別できない、「銀地」の漆。
銀だけで構成され、金属のような質感を持つ器だったり、
オーロラのような不思議な光を放つ、乾漆粉と銀のコンビネーションだったり。

蒔絵師でもある作家の真骨頂が発揮された、蒔絵技法を独自に展開した「銀地」は、
複雑なマチエールを際立たせる、ミニマムなフォルムと組み合わされて、
潔さと現代感覚を持つスタイリッシュな漆作品となっています。

今回は、その銀地のシリーズを中心に、
奥行き感じる銀朱や、木目を生かした拭き漆、豊潤な黒、で仕上げた、
酒器、盆、そば椀、重箱などをご紹介します。

故郷秋田の漆の産地、川連(かわつら)で、
伝統を踏まえつつも、新しい表現をひたむきに追求しています。
しかしまだまだ、その作品を知っていただくことが少なく大変残念です。
今回は、都内での初めての個展となります。
これからより多くの人に作品をご覧いただくことを願っています。



Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.