Exhibition Space Ecru+HM
homeexhibition schedulearchivesartist 準備中informationmap


archives 2014

森多佳子 染付展 - 桜と雪雫 - Takako Mori
2014/2/22(土)〜3/1(土)



躍動感溢れるうさぎ、青海波など実に細かく描き、手を抜かない丁寧な仕事。
日本で染め付けが作られた頃から用いられた人気の絵柄で、現在でもなお愛されている、そんな定番的な文様として括られがちな、磁器の染め付けにうさぎ。
しかし、彼女の染め付けは、これまでにはない、染付の濃淡だけで表現した詩情豊かな多彩な絵柄と工夫を凝らしたフォルムが特徴的です。高台部分をきれいに面取りして8角形にしたり、うさぎの耳をデザイン化したり、醤油差しの蓋に桜の蕾をあしらったりなど。

今回は、新たに挑戦したグリーンやピンクの釉を施した透かし手(蛍手)もご紹介します。静岡在住の作家ならではの富士山の春の景とうさぎと桜をテーマに、躍動感ある波流なども加え、春爛漫の空間を構成します。是非ご高覧ください。

*雪雫(ゆきしずく)―冬の間に積もった雪が春の訪れともにとけはじめること、雪解けを言います。


Copyright © 2004-2017 Ecru+HM. All Rights Reserved.